• 山梨県生協連の概要
  • 方針・活動紹介
  • 会員生協紹介
  • インフォメーション

山梨県生協連TOPへ

インフォメーション

環境講演会
動物からのメッセージ~写真は語る、環境問題~が開催されました

 山梨県生協連コープ環境活動ネットワークでは、毎年環境に関する学習会を企画・開催しています。環境問題というと、つい私たち人間の目線から物事を考えがちですが、この地球上には多くの生物が共生しています。その生物が生きる自然環境は、都市化、国際化、過疎化、飽食、ゴミ問題など、人間の営みと共に変化し続けています。

 今年度は、自然と人間をテーマに、社会的視点に立った「自然界の報道写真家」として活躍中の宮崎学氏を講師に迎え、カメラのレンズを通して、写真から見えてくる現代社会や環境の問題について、スライド上映を交えながら楽しくお話しいただきました。

開催日時 2009年1月31日(土) 13:30~15:30
会 場 山梨県男女共同参画推進センターぴゅあ総合
講 師 宮崎 学氏(写真家)
参 加 者 77名

(参加者感想)
  • 「きれいな環境」を作るという考え方そのものが間違いだと知った。熊や猿を野生動物といって人間と区別しているが、そのことも大きな間違いだと知った。人間も地球の一員として生きていかなければならないと思う。
  • 環境を全く別の視点から学ぶことができた。ゴア元副大統領の「不都合な真実」のような温暖化に警鐘を鳴らす映像とは別の、身近な視点からの環境、自然、動物は考えさせられた。家族にも聞かせたかった。
  • 自然と人間社会との関係。未来に向けて人間としてどう自然と接していけば良いか自分なりに考えさせられました。
~小学生~
  • 学校でかんきょうの勉強をしたけど、かんきょう問題って地球温だん化だけではないことがわかった。

 

動物の目線で考える環境問題 みんな地球の住人です

 

(山梨県生協連 コープ環境活動ネットワーク主催)

▲このページのトップへ